オーダーメイドのお菓子
ブリジット
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お弁当 | main | 台風グレンダ >>
誕生会
お久しぶりです。
6月初旬からマニラは雨季に入りました。
シャワーのような大粒の勢いある雨が、30分程ざーっと降ります。
当たると痛いくらいの強い雨。
こちらに住み始めた頃、4月は一番暑い時期だったらしく
気温は連日体温並み。
雨季に入ってそれよりは涼しく、過ごしやすくなりました。

先月はころころ3歳の誕生日に併せ、日本から母が来訪。
スペイン統治時代の旧市街や市場など、母と一緒に観光しました。
5月末から通い始めた幼稚園・毎日のお弁当作りに親子で慣れてきました。
最後の週末にはマニラで初めてのお誕生会におよばれ。
など流れるように過ぎていきました。

みなさんはフィリピンと聞いてどんなことを思い浮かべますか?
台風・バナナ・貧困・マラカニアン宮殿…。
こちらに来て驚いたことがいくつかあるのですが、貧富の差の大きさも
ひとつです。
例えば、メイドさんの一日の賃金が2,000円欠けるくらい
はいい方だそうです。
日曜日朝市への途中、小銭の入った紙コップを手にしている
物乞いのおじさんも見かけます。
かたやショッピングモールに行くと舞踏会で着るようなドレスの専門店があったり
スーパーではベビーシッターさんと荷物持ちのお手伝いさんを伴って
買物をしている人がよく見る光景だったり。

先月お誕生会に招かれました。
双子の女の子、2歳のお誕生日です。
会場は公園の中にあるイタリアレストラン。
80人ほどのゲストのうち半分近くが子供なので、思い切り遊べるようにとのこと。

サファリがテーマ。
動物のカップケーキ、手前は棒つきのクッキー。
ころころは好きな象をもらってご機嫌。

会場は風船でいっぱい。
子供たちにはマジシャンによる手品。
本格的なもので、炎揺らめく銀のお盆に蓋をして、開けたら白い鳩が出てきたり
手を通った3枚のハンカチが1枚の国旗になってたり。
ほんの1メートルほど目の前で繰り広げられるマジックに釘付けでした。
腹話術師も招かれていて、ショーを楽しんだり
みんなでゲーム、歌を歌ったり。
マシュマロ、キャンディー、グミ、チョコレートも好きなだけ!
主人もしっかり並んでました。
大人たちはビールとピザでおしゃべり。
それぞれのお家のベビーシッターさんも参加、大人と子供がきっちり分かれていること
規模の大きさなど、自分が子供だった頃の誕生会とかけ離れたもので
発見が多々でした。
スペイン・アメリカ・日本に統治されていたフィリピン、
様々な国籍の人が暮らす首都マニラ。色々な暮らしがあります。

対して同じ6月生まれのころころは、日本から来たばあばと
私達夫婦でささやかな夕食。お赤飯を炊き、好物の餃子、ろうそくふーっとするために
一人前のケーキをふたつ。主人が1つ、母と私で半分こ。
こちらのケーキ、とても大きく半分でお腹いっぱい。
主役のころころには好きなマカロンを。
誕生日当日まで開けるのを我慢できたプレゼントを嬉しそうに開けて。
生まれてきた日の事を話しながら、ゆっくり過ごせました。

来年は4歳。
今年から幼稚園に通い始めたし、彼なりの世界や社交もできているでしょう。
どんなお誕生会になるのか楽しみです。






COMMENT