オーダーメイドのお菓子
ブリジット
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 夏休み | main | 夏休み >>
夏休み
夏休み第一部は電車でブリュッセルとパリへ。
乗り物に興味がでてきたころころにTGVの車窓から
流れる草原や山を見せてあげたい・大都会のパリでメトロやバスに
思う存分乗せてあげたいという想いから電車の旅を計画しました。
行先のブリュッセルは主人がかねてから「いつかブリュッセルの
大広場を見せてあげたい。ショコラとムール貝を一緒に食べに行きたい。」
と言ってくれていたので。

自宅からバスでジュネーブへ、ジュネーブからパリへTGV3時間ちょっと、
TGV到着のリヨン駅からブリュッセル行のTHALYS(タリス)が発車する
北駅までタクシー、そしてTHALYSで1時間ちょっと…と乗り物三昧。
移動時間が長すぎないか、ヴァカンス初日土曜で満席の中、
ころころはむずからないだろうかと少し心配でしたが
お絵かきしたり、パズルをしたり、車両を「たんけん たんけん」と歩き
ひとしきり楽しんだ後は
すやすやと寝てくれました。

THALYS発車前の待ち時間は目に入る電車を「あかい!」「ブルー」「しろ!」
「おれん」(じ、がいつも欠けてしまう)と知っている限りの色を言い
ランプを指さして「めめ」と大興奮。
あまりのはしゃぎようにブリュッセルに着く前から
夫婦で「よかったよかった〜。」

ブリュッセルでは3泊、のんびりと石畳の街歩きを楽しみました。
庭の美しい王宮を観たり、公園から聞こえてくるジャズライブに足を止めたり。

有名な小僧さんにも会いましたよ。
思っていたよりもこじんまりと、道の辻にありました。
市庁舎や老舗のチョコレート店、レース店などが軒を連ねる大広場は
観光シーズンで賑わっています。
丁度1週間前に国王が譲位し、新国王が誕生したので
至る所でお祝いのポスターを目にしました。

お目当てのムール貝にフリット(フライドポテト)と白ビール。
我家でも時々作りますが、やっぱり本場は違いました。
ムールは大振りだけどふっくら柔らかで滋味に富み
セロリと玉ねぎがざくざくと入ります。
1人前は1キロで、ムール専用の深い鍋に入ってでてきます。
1キロ!と最初はひるむも完食。
ころころもここでムールに開眼。自分で殻から外して器用に食べていました。
白ビールにはレモンが一切れ入っています。柔らかい苦みが爽やかです。

テラス席で舌鼓を打っていると
賑やかに屋台が登場。
中央はテーブル、座っている足元を見るとペダル、先頭にはビール樽。
雰囲気から察するに結婚を明日に控えた新郎を囲むパーティーのようでした。
爽やかな夏空の下、仲間たちといい思い出になりますね。
困ったのは食事中に現れたこの屋台を、乗り物男子のころころが
「りんりん みたい!」と追いかけたがり、止むなく私だけ中座。
抱っこしてしばらく後を歩いたのも、大きくなったら話してあげたい旅の思い出。

車と時間があったら美しい自然やレース編みで有名なブルージュまで
足を延ばしたかったのですが、子連れの旅・パリでゆっくりしたいこともあり
将来の楽しみに。
主人が25年前に友達と旅行した時に入ったレストランもまだあって
感慨深そうでした。
ブリュッセル、ゆったりと時間が流れ美味しいショコラも沢山。
いい街でした。
若い時はあれも観たい、ここにも行ってみたいと沢山吸収することが旅でした。
家族ができた今はその街や風景の中を気の向くままに歩くことが
旅の醍醐味だと感じる自分を発見。今回の旅の収穫です。




 
COMMENT