オーダーメイドのお菓子
ブリジット
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ピアノリサイタル | main | 回転木馬 >>
久しぶりにパリへ
今月の第2木曜はキリストの昇天祭で祝日。
金曜に休みを取り、パリに3泊してきました。
土曜の結婚式が目的です。

 
主人の姪。高校生の頃からの一筋愛が実りました。
新郎は私よりもずっと長く家族の歴史を知っています。

上の写真は教会にて。
その前に14時半より役所にて入籍の式。

披露宴会場はパリ郊外のゴルフ場に隣接したホテルでした。
ゴルフコースをこんなに間近に見たのは初めて。
緑の濃淡が清々しかったです。

18時からプール横の庭でカクテル、20時から披露宴だったのですが
デザートは0時を過ぎても出てこず、ころころ連れの我家はお先に失礼…。
それでも0時前まで、ころころはいとこ達とダンスダンス!
なんとお開きは朝6時だったそうです。
そんな時間まで何をしてるのか?といった疑問も湧きますよね。
私も主人に聞いたところ、「ひたすら喋って、飲んで、踊る。」
自分のを含めてフランスの結婚式は数回参列しましたが
いつも思うのはフランス人の体力と
今、このひとときを存分に楽しむ気持ちの大きいこと。

本当に長くて体力勝負、メリハリがあってきゅっと祝福が濃縮された
日本の結婚式はいい!と、またひとつ日本のいいところが思い起こされますが
なかなか会えない家族や親戚に会えて、ころころはいとこと遊べて
やっぱりいいものですね。

帰宅してほっとした日曜の夜、気付いてしまいました。
ころころも半分はフランス人。
フランスには祖父母がいて、叔父叔母がいて、いとこがいて。
いつかころころが結婚する時、私達もこのフランス式の結婚式を調えなくては!
20年後?30年後?
その頃はどんな結婚式がトレンドでしょうか。
簡素化されていることを願いつつも、変わず朝まで飲み、踊り明かす気がします。

健康維持の動機をひとつ発見です。

COMMENT