オーダーメイドのお菓子
ブリジット
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 師走の午後に | main | お料理ころころ >>
開かずの間
お正月を日本で過ごし、帰宅後フランスビザの更新手続きに追われ
主人の2週間出張があり、戻ったらビザの面接に県庁まで家族揃って出向き
…としているうちに2月もおしまい。
年々早く過ぎていきます。

丘の上から見下ろすレマン湖。
寒くても寂しくない風景は緑に映えるぶどう畑を知っているからでしょうか。
今年の雪はよく積もりました。
運転できず2・3日家に籠っていたことも、春が来た今は思い出です。

春が来て活動的になってきたのもありますが
週末は家を片づけました。
戸棚に収納していた箱。
私の心強いアシスタント、キッチンエイド(卓上ミキサー)の箱。
花瓶の箱。ベビーチェアの箱。ころころ1歳誕生祝、木馬の箱。
主人の仕事上将来どこに住むか分からないので、引越しに備えて箱は保管しています。
これをcellierセリエ(貯蔵室)と呼ぶ小部屋に移しました。

ころころも一人前に運んでくれます。
我家の斜め前にあるこの部屋、先月までは開かずの間でした。
日本から戻って最初の日曜日、アポなしで大家さん来訪。
手には鍵が1本。
すみませんね、と言ってから
「これ、うちの貯蔵室の鍵。今まで見つからなかったんだけど
契約終了する前に出てきて良かった〜。家賃は据え置きでいいからね。」
あのー、私達1年半ほど住んでるんですけど…。
契約時に貯蔵庫あるって聞いてないですけど。
据え置きでいいからねって、家賃上がるなら要りませんから。

去年秋にアパートの管理会社が変わり、建物の基本情報を把握すべく
翌日は測量士が全室に訪問予定です。その前日まで頑張って探したのでしょう。
もっと広くなって良かったでしょ、ってふうににこにこと話す姿に
怒ったってあきれたって仕方ない。そう、スペース増えてよかったよかった。
フランスに帰ってきたんだとこういう時実感。

こちらでは春は掃除の季節です。
ぐんぐん大きくなるころころの洋服は増えるばかり。
おもちゃや本も。
この春はすっきりとスタートできそうです。


COMMENT