オーダーメイドのお菓子
ブリジット
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< パリのつづき | main | 開かずの間 >>
師走の午後に
 只今静かな静かな午後です。
我家のベランダより。
今週はずっと雨か雪。
保育園のある朝は早めに出て車の雪・氷かきからスタート。
今朝は氷で車のドアがくっついて開きませんでした。

夜もしんしんと降ります。
水気の少ないひらひらとした大きな雪。
翌日は出かけられるか分からないから、友達との約束も天気次第。

秋も終わりそうだと感じた10月の末、冬用タイヤに替えました。
タイヤ屋さんには長蛇の列。並んだ時は14台以上待ちでした。
以上、というのはこの列長すぎて、写真には見えないですが
左側のマンション駐車場まで繋がっていたのです。
前日も来たのですが列に加わり10分程待っていると
前の車が次々と列から抜けていきます。
「子供のお迎えかな?」「次の予定に遅れそうなのかな?」
しめしめ、と車を前進させた目に入ったものは
後ろの窓のワイパーに挟まれた段ボールの切れ端。
「この車で午前の部、おしまい」と手書きされていました。
長距離ドライブとなるパリ行きの前に替えておきたかったので
この日は諦めずに並びます。
スイスとの国境を越えてすぐにあるので半分ほどはジュネーブナンバー。
物価の差、国境際に住んでいるのだと思い出します。

並び始めて90分、1台進むごとにエンジンかけてちょっと進んでを繰り返し
辿り着きました。歩きたいころころをあやしながら、長かった〜。
ちゃんと台の上に載せられました!
去年は主人が替えに行ってくれたけど、今年は私が挑戦。
車のことなど日本語でも分からないのに何か聞かれたらどうしようと
心配でしたが無事ミッション完了。
最近は小児科・病院・処方箋を持って薬局へ・郵便局で支払い・
主人に頼まれたファックスを送りに印刷屋さんへ(フランスの郵便局では
ファックス扱いなく、コンビニなぞ勿論ないのです)・主人やころころの送迎など
暮らしにかかわることの担当率が増えてきました。
大の大人が自分の暮らしを賄い、子供の世話をするのは当たり前ですが
こうして主人に頼らず自分でできることが増えるのは素直に嬉しい限りです。
年の瀬も近づき、雪が舞う明るく静かな外を眺めながら
来年はどんな年にしようかと思いめぐらせる午後。
ゆっくりでもひとつずつ挑戦して学習して、経験や抽斗を増やそうと思います。

COMMENT