オーダーメイドのお菓子
ブリジット
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< フィジオテラピー | main | パリのつづき >>
クリスマスプレゼント
ちょっと早いですけれど主人からクリスマスプレゼント。
金・月曜日休みを取りパリに連れて行ってくれました。
思い出に残るこういうプレゼントが一番嬉しい。
整然と立ち並ぶアパートに抜ける青空。パリに来たんだー。

お菓子学校留学中は毎日見ていたオペラ座。「久しぶり。元気だった?」

一番のお目当てはサロンドショコラ。
毎年10月末から11月にかけての数日開催される見本市で
世界の数都市で順次開催されています。
東京は1月下旬新宿伊勢丹にて。世界中のショコラティエがやってくるとあって
毎年身動きできないほどの熱気ですね。
パリのサロンドショコラに行くのは実に4年ぶりでした。

10時の開場を待って入場したのですが、土曜とあって早くも混み始めます。
効率よく回らなきゃ!

ごみ箱はカカオ豆の袋をイメージ。
さすがオシャレの街パリだわ〜。

ショコラティエだけでなくてこんな出展者、展示もあります。
バニラ屋さん。
バニラビーンズやバニラオイルの甘くて優しい香りが漂います。
マダガスカル産とタヒチ産の香りを聞かせてもらったのですが
前者は柔らかく後者はきりりとしていました。
タヒチ産はアイスクリームに適しているそうです。
焼き菓子にお奨めというマダガスカルのバニラビーンズ。しっとり艶々。
いつ開けよう?何作ろう?

カカオ豆の歴史に縁あるマヤの遺跡。
搬入と組み立て大変だっただろうな。

会場中央のステージではカカオ豆の原産国に因んだ生演奏。
私たちがいた時間はブラジルでした。
ころころは音楽に合わせてダンスダンス。1歳6か月なりに楽しんでます。

開場奥には期間中に開催されるシャルルプルースト杯の飴・ショコラの細工。
華やかな世界にうっとりです。

前回は気付かなかったのですが求人・求職コーナーもありました。
他にも前夜祭のファッションショーで着られたショコラでできたドレス
セミナーや子供向けのショコラクイズ

人混みが苦手な主人、楽しめるかと心配だったのですがご機嫌です。
特にこれを手に入れてから。
Petit Ourson。小熊形のマシュマロのチョコレート掛け。
左手前の四角い箱、コレクターズ版を迷わず購入してほくほく。
子供の頃よく食べていて、今でも大好き。
今年で発売50周年。
会場入り口にはこんな大きな熊もいました。

本命ショコラはパリに住む友人(フードジャーナリスト)のアドヴァイスによって。
6区Jean-Charles ROCHOUXのタブレット。
生のフルーツを板チョコレートに閉じ込めています。
フルーツは日か週で替わり、この日はフランボワーズでした。
裏はお店の袋と同じデザイン。
以前から知っていても食べたのは初めて。
フランボワーズの瑞々しさや酸味がショコラの酸味や苦みと合わさり
いいお味でした。
思いつきそうでつかない、できそうでもなかなか難しいから人気なのだと
食べてみて実感。

広い会場、居並ぶお店の中を子連れで歩き歩き疲れ始めた頃
感じのいいお店と出会う。
スペインに隣接するバスク地方の特産エスペレット(唐辛子)を使ったショコラ。
ショコラと唐辛子?と思いましたが合います。
ビターチョコレートのガナッシュが口の中で溶け始めると
柔らかみのある唐辛子を感じ、最後は喉が少しぴりっ。
アペリティフにお勧めだそうで一番小さい5粒入りを購入。

田舎での子育てに忙しない日々。
沢山の綺麗なものを見て、結婚前に情熱を注いでいた世界とまた会えて
心が潤った土曜の朝でした。
やっぱりショコラは、お菓子は、人を幸せにしますね。



 
COMMENT