オーダーメイドのお菓子
ブリジット
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 我家記念日 | main | ころころ目線 >>
10分間の闇
勇気を出して久々にブログを開いたら、まー、2か月以上経ってました。

4月、年明けから始めた配偶者ビザ10年用の手続きがひと段落。
フランスは何をするにも手続きに手間と時間がかかり、担当者もいい加減だと
多方面から聞いてはいましたが、はい、そのとおりでした。
サルコジ政権後移民規制が厳しくなり、提出書類や面接に身体検査。
フランスで生活するために必要な情報の講習会
歴史や政治、法律に関する講習会。
自宅から車で90分の県庁所在地でそれぞれ終日で開催されるため
主人に休暇取得、運転、ころころのお守りとお願いして家族総出です。
フランス語の能力が規定に達しないとみなされると、最長300時間の
フランス語受講義務。2年前にエルサレムで通ったフランス語のテキストや
日本で取った仏検、遡ること9年前に取ったお菓子学校のディプロムなど
かき集め受講は免れました。
移民局の居丈高な態度や杓子定規の対応に、パリとお菓子に夢中で
「フランス大好き!」だった10年前はなんと若くて無邪気だったのだろう…。
これが外国に住むってことかぁ。と色々な想いが交差していました。
幸い私にはこうして助けてくれる主人という強い味方がいるけれど
夢を抱いて単身暮らしている方々は本当にすごい。
各種講習会も出席し、残るは面接もう1回。
気を緩めずに、できる限り準備をして臨みましょう。

5月、子供連れで4泊と9泊の旅行を1回ずつ。
半月ほど家を空けていました。
中旬のキリストの昇天祭の連休でトゥールーズ近郊の街へ。
主人の人生の半分以上を共にしている親友たちと貸別荘で再会。
お喋り、バーベキュー、散歩、男性陣はサッカーと気の向くままに。
9泊の旅は主人のインド2週間出張に伴い、主人の実家と妹宅へ
ころころと一緒に送り込まれました。母と子で初の飛行機!
同じフランスに住んでいても西と東の端なので頻繁には会えません。
最後に会ったのはクリスマス。
主人の両親にとってころころは13番目の孫ですが
やっぱり孫は何番目でも可愛いようです。
実家に3泊後ナントに住む妹宅へ。
世界史にでてきたナントの勅令の、ナントです。
ブルターニュ公国のお城、ころころ人生初の海ゲランドの塩田散策、
ころころより1か月早く生まれた従兄がいるので主人の妹とママトーク。
6泊は長いと思っていたけれど楽しい時間はあっという間に過ぎるものです。

6月、ころころと私の帰宅2日後に主人もインドより帰宅。
初めて独りで空港への運転、というミッションも無事終えた2日後に
私の両親が到着。2週間我家に滞在し、じじばばライフ満喫です。
主人の両親も道中1泊、車で数百キロを超えて来てくれ
ころころ1歳の誕生日を3世代揃って祝うことができました。

どの旅、楽しいひとときも写真に収めたのでゆっくり記事に
していきたいのですが、何と言っても最近のころころ。
味覚の幅が広がり、自分で掴める、スプーンを使えるようになり
沢山食べられるから元気もりもり。
誕生日を前に遂に歩けるようにもなったので、ますます目が離せません。
加えて時にはお昼寝なしでも元気なまま。
幸せなことにママ大好き!なので夜寝付くまでパソコンに向かえず…。
子供を言い訳にせず自分の時間を創ることが最近の課題です。

ここまで2か月を振り返りましたが、タイトルの「10分間の闇。」
先日アパートのエレベーターに閉じ込められました。
自宅から地上階へ降りていたのですが、速度がゆっくり低下し止まると同時に
電気も消えて静寂が始まります。室温も上がってきます。
映画やテレビのようなドスンという衝撃はないんだ…。とか
あー、両親が帰った後で良かった。と思いつつ深呼吸ひとつして
気を静めます。幸いころころの機嫌は良く、泣きもせず怖がりもせず。
ここで私が怖がっては、ころころに伝わる!と思ったら強くなれました。
まず主人に電話が繋がったのも強くなれました。
ベルのマークのボタンを押すと短縮ダイヤルの音。
呼び出し音2回の後、人の声が聞こえた時はほっとしました。
パリのコールセンターに繋がっているようで、こちらの住所を確認、
状況を説明して待つこと10分。
外から何かで叩く音の後、ゆっくり扉が開きました。
運よくエレベーター会社の技術者が近くにいたので10分で出られましたが
運が良くなかったら何分だったのだろう?
地上階より少し上で止まっていました。
去年定期点検済、冬には2週間エレベーターを止めて点検と改装したというのに。
子供が生まれてからは日々目にする成長に、毎日が特別なんだと何度も思って
過ごしていますが、この1件でも同じように感じました。

今日も1日ずーっとコアラ。(ころころが私の脚にしがみつくことです)
家事も進まず、おもちゃの片づけとベランダの土いじりで泥んこの
彼と部屋の掃除のいたちごっこ。
方や主人は1週間のご褒美にアフター5テニス+食事中からウィンブルドンに熱中。
スポーツ観戦ところころの相手の割合について、つい先日も主人と意見を
戦わせたばかりですが、怒っても仕方ない。
寝かしつけに深夜ドライブにでかけ、こちらもクールダウンしてこの記事を打ちつつ
今日の無事に感謝です。







久しぶりのブログ楽しみにしてました!この間はSkypeできてうれしかったです。次回はうちのちびさん起きてるといいな。うちは最近決まった時間にお昼寝してくれるようになって平穏な時間が少し増えた感じがするけど、それも動き始めるまでだよね…しっかり満喫しておかなければ!
いやーエレベーターに閉じ込められるって、乗る度に考えちゃうけど、そうないよね。私ならかなり焦っちゃうだろうな〜
何はともあれ、無事で何よりでした…
Yuki | 2012/07/01 05:09
ゆきー。
私も会えて嬉しかったわ。
10数年ぶりの再会が時差を超えて叶うSkype様様だね。
あのエレベーター事件以来、ゴミ捨てに行くにもトイレに行って携帯持って。親になったからか、海外生活からか、以前よりも安全について考えるようになったよ。
アメリカとフランス、次回は親子で会えたらいいね!
miwako | 2012/07/09 00:15
COMMENT