オーダーメイドのお菓子
ブリジット
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お片づけな日々でした | main | 我家記念日 >>
イースター
今日は水曜日。
いつもならば「ああ、やっと週の折り返し。」と思うところ
今日はゆったり気分。
先週日曜はイースターで、金曜から月曜まで4連休でした。
今回の休みは特にどこへも出かけず地元密着型
日頃後回しにしがちな、でも「やならきゃ」と心の隅にひっかかる
日常の諸々を夫婦揃って大方片づけ・前進できました。

3月の始めからショコラティエを筆頭にスーパー、薬局など
イースターの飾り付けが始まります。
まだまだ寒い中、卵、ひよこ、魚にうさぎ、黄色にピンク。
みんな春を待ち焦がれているんですね。

イースター当日は近所のお城へエッグハンティングにでかけました。 
子供の頃の思い出として、卵や魚の形をしたチョコレートを庭で探す
エッグハンティングの話はよく主人から聞いているけれど
参加するのは初めて。
もう子供でなくてもワクワク。
小ぶりなお城です。
庭の入口で子供一人につき3ユーロ支払い卵探しスタート!
卵は一人12個まで持ち帰れます。
卵と言っても卵の形をしたチョコレート。
我家はまだころころが小さく、歩かずチョコレートも食べないので
ご厚意で無料。

ゆっくり深ーい息をしながら、一冬超えた枯葉と春を迎えた緑を
一歩一歩踏みしめる。シンプルなことが気持ちいい。

1歳から5歳用のエリア。

黄色い花には黄色い包み。

青い花には青の包み。
他のエリアより手の届きやすく見つけやすいところに卵が隠れています。

毎日が特別な子供の成長。
その瞬間を写真に収めるのは洋の東西を問わないですね。
来年はころころもエッグハンティングできるかな?

午後のおやつにお待ちかねのショコラを食べました。
ジュネーブに100年以上続くショコラティエの品。
喧嘩の仲直りに、という理由で10日程前に購入。
卵型のビターチョコレートの中にはプラリネやヌガティーヌ。
日本のように新学期、新年度ではないけれど
温かくなり活動的になってきたこと、イースター休暇で一区切りした感があり
新しい何かが始まる気がします。

COMMENT