オーダーメイドのお菓子
ブリジット
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1930 | main | 物件訪問こぼれ話 >>
IKEA
今朝一番のミッション。
フランス語でかける電話とアパートの応募結果が分かるふたつの緊張。
3件かけます。
1件目は1930年築の、希望最下位。
オーナーが決定できずあと2週間の結果待ち。
2件目は一番気に入ったところ。新作戦で応募も一番。
「他の方に決まりました。」とあっさり。
 とてもいい物件だったから倍率も高かったでしょう。仕方ない。
3件目も残念。でも訪ねた時に何となく暮らしが想像できなかったので
やっぱりね、という感じでした。
ジュネーブでの応募済物件は全滅。
でも慣れてきて、新作戦などベストは尽くしたと感じさっぱりした気持ちです。

前向きにIKEAへ家具チェックに午後でかけました。
トラムIKEA号もあるんですよ。
やっぱりこの青目立ちますね〜。
車体はクローゼットやリビングのアレンジ色々。

海外のIKEAに初めて行きましたが日本と同じ作り、システムでした。
最初2階へ上がりツアーしながら品番メモしながら。
1階へ降りると倉庫とお会計。お買い得品がレジ前にあるのも一緒。
日本で独り暮らし時代IKEAアイテムはお世話になったので
懐かしの品と再会や、シンプル&ポップに気分もアップ。

気に入った商品もメモして未来へ一歩進みました。
COMMENT