オーダーメイドのお菓子
ブリジット
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< agneau | main | 新作戦 >>
7転び8起き
長期戦のアパート探し。
今日から4月の気分も新たにアパート探しのカテゴリーを作りました。
昨日も2件・不動産屋さん1件訪問、くたくたになり夜は電池が切れたよう。

15時の物件はこちら。
市内中心、トラム停留所から徒歩3分。一筋入っただけで閑静な住宅街。
いい予感です。
居住者を訪ねる形式で環境や設備について直接話を伺えるのがいい点。
写真も気軽に撮らせてもらえます。
住む人のセンスが垣間見られちょっとしたお宅拝見。
基本家具なしですが、クローゼットは希望ならば格安で残しますとのこと。

4階(地上を0階と数えるので日本なら5階)からの眺め・日当たりもいい。
キッチンも明るく広く良件と判断、今朝不動産屋さんオープン狙い応募します。

このひと月数を重ねるうち、いつもいい物件、住むところが必要だから応募しなきゃ
というわけでもなくなってきました。

18時の物件は中心地で家賃もそこそこ。こちらもオープンハウスです。
5分前に到着すると既に先着数人。同じフロアに5部屋あり、どれが物件?
同じ境遇同士世間話も始まります。
「2年探してる。」
「カナダから来て郊外に住んでる。やっぱり市内はオシャレでいいね。」
18時5分を過ぎた頃、時間に正確なこちら、ある女性が片っ端からドアをピンポン
始めました。無反応…。2日前にもオープンハウスがあったからもう決まったのかな。
と、ゆっくりドアが開き、シャワー後なのか腰にタオル1枚のおじさん。
事情を説明すると「うちじゃない。」
20以上の目が一斉に注がれびっくりしたことでしょう。
15分、諦めて去る人も出始めた頃若い男性到着。「Bonsoir〜。」
見学者?居住者?とみんなが見守る中ドアを開けながら
「物件はあっちのドア。なーんて。さあどうぞ。」
持てる者の余裕を振りまきながら、感じ悪ーい。

見学させてもらいましたが建物が古く手狭、手直しも必要、ちょっと床が傾いてる?
などで応募しないことに夫婦で一致。
実際訪問することでこうしたことや、交通の便、近所にスーパーはあるか
エレベーターの有無など分かるのでやっぱり足を運ぶことは大事ですね。

さて、今日は2件訪問。今日からちょっと作戦変更です。
詳細は次の記事で。
COMMENT