オーダーメイドのお菓子
ブリジット
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 東京時間 | main | 節分 >>
ショコラの神様

東京滞在でこんな収穫もありました。
新宿伊勢丹のsalon du chocolat にてジャン=ポール・エヴァン氏と。

昨年1月まで販売職として3年ほどエヴァン氏の世界に居させていただきました。
素材を始め口溶け、香り、甘さとカカオのバランス、素材の組合わせに色、形
ディスプレイ、包装。清潔さ、効率性、エレガンスと挙げたらきりがないほどの
情熱とこだわりで確たる世界を築いています。
信条の「ショコラは人生に幸福をもたらす」は心に留まっていて
嬉しい時も落ち込んだ時もひとかけらのショコラとどれだけ分かち合ったことか。
同僚と会場を訪れ、1年ぶりに再会。
毎年恒例にしているサインをお願いします。
未使用のノートを持参し1ページ目に日付も入れて頂きます。
夢のノートと名づけて実現したいことやこうなったらいいなと思うこと
記念すべきことが起こったときや心に何か浮かんだ時に書いていきます。
今年はどんな事を書くのか楽しみ。

興奮覚めやらぬまま奥の喫茶スペースにてショコラ・ショでエネルギー補給。

同僚はバナナのショコラ・ショ。


私はジンジャーのショコラ・ショを。

どちらもカカオとそれぞれの味のバランスがぴったりで重すぎず
さらっと喉元を過ぎていきます。温かいシルクのよう。
昨秋フィガロ紙の優秀ショコラティエ覆面調査で総合1位だそうです。
ボス(同僚あだ名)ご馳走さまでした。

コートジヴォワールの情勢不安定や広範囲での天候不順がカカオの収穫と
価格に影響。不景気も加わりどんな様子かと思って訪問しましたが
変わらずの盛況でした。
ヴァレンタインまであと1週間。今年はどんなショコラを選ぼうか楽しみです。

COMMENT









Trackback URL
http://brigitte-gateaux.com/trackback/173
TRACKBACK